読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web言語のお勉強~ど素人が往く~

かつてVB6を1年くらい触った事があるだけのど素人がWeb言語に挑戦します。勉強結果を随時発表します。

PHPのお勉強「ループ文と配列」


PHPのお勉強「ループ文と配列」

本日のお題はループ文と配列

ループの勉強2日目です。

本日のPHP講師には、はてブよりid:trashtoy先生をお呼びしております。
先生よろしくお願いします。

id:trashtoy先生


arrayはオブジェクトでないのでプロパティ使えません。
count()使うべし /
経験を積むと、ソースの記述量が無駄に多い&バグを生みやすいからforeach, whileがデフォだよね、という感覚になってくるはず(なってほしい)

ふむふむ。
確かにarrayは型なだけでオブジェクトじゃなかったですね(^^;
失礼致しましたm(__)m

配列の配列数を数えたいときは「count()関数」を使うと良いのですね。
ありがとうございます(^^)/
早速本日の実装で使って見たいと思います♪

for文ダメですか?
foreach, whileの書き方にどうも馴染めず、自分で制御できるfor文をついつい使ってしまいます(^^;
ですが先生が仰るので、for以外のループもきちんと勉強してみたいと思います。

さてさて今日もお勉強。
PHPマニュアルより引用します。

http://jp2.php.net/manual/ja/control-structures.while.php

while

whileループは、PHPで最も簡単なタイプのループです。 このループは、CのWHILEループと同様の動作をします。 whileループの基本形は次のようになります。


while (式)


while文の意味は簡単です。
while文は、式の値がTRUEである間、入れ子の文を繰り返し実行することをPHPに指示します。
式の値は各反復処理の開始時にチェックされるので、ループ内の文の実行により この値が代わった場合でもループ実行は各ループを終るまで終わりません。(PHPによるループ内の文の実行が1回分の反復に相当します)
while式の値が初めからFALSEの 場合は、内部の文は一回も実行されません。

プログラミング

さてさて、実装。
02:12 実装開始。

・・・

02:19 実装完了。

7分で実装できました。

動作画面

f:id:MoneyReport:20140318022731p:plain

ソースコード

<?php
// 配列内容の出力
$array = array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20);
for ($i = 0; $i <= count($array); $i++)
{
    echo $array[$i].'<br />';
}

// while文
while ($j < count($array))
{
    $j++;
    if ($j != count($array))
    {
        echo $j * $array[$j].',';
    }
    else
    {
        echo '同一値';
        echo $j * $array[$j];
    }
}
?>

余談ですが(^^;

http://www.chohamachannel.com/entry/2014/03/18/000145

PHP2や3は古過ぎて使い物にならないから、やっぱり最新のPHP5.4で・・・って、PhPってフィリピンペソの略ですか?初めて知った~(^^;

「PHW」2010年11月号(Vol.52) 「日本で唯一のフィリピン情報月刊誌」

「PHW」2010年11月号(Vol.52) 「日本で唯一のフィリピン情報月刊誌」