読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web言語のお勉強~ど素人が往く~

かつてVB6を1年くらい触った事があるだけのど素人がWeb言語に挑戦します。勉強結果を随時発表します。

PHPのお勉強「phpの型について」


PHPの型

PHPは8種類の基本型を持っている。

4種類のスカラー型:

論理値 (boolean)
整数 (integer)
浮動小数点数 (float, double も同じ)
文字列 (string)

2種類の複合型:

配列 (array)
オブジェクト (object)

2種類の特別な型:

リソース (resource)
ヌル (NULL)

PHPで使う変数の型は、基本的にプログラマが設定しない。
その変数が使用される文脈(コードの流れ)に応じ、PHPが実行時に決定するとのこと。

なんてバグが入りそうな事を・・・。

型を使った例題。
http://moneyreport.link/service/kata.php

	<?php
	$a_bool = TRUE;   // a boolean
	$a_str  = "foo";  // a string
	$a_str2 = 'foo';  // a string
	$an_int = 12;     // an integer

	echo gettype($a_bool); // prints out:  boolean
	echo "<br />";
	echo gettype($a_str);  // prints out:  string

	// 数値であれば、4を足す
	if (is_int($an_int)) {
	    echo "<br />";
	    $an_int += 4;
	    echo $an_int;
	}

	// $a_bool が文字列であれば, それをprintする
	// (そうでなければ何も出力されない)
	if (is_string($a_bool)) {
		echo "<br />";
	    echo "String: $a_bool";
	}
	?>

gettype()は便利そうですね。

PHP+MySQLマスターブック

PHP+MySQLマスターブック